男性と女性

ウェブ接客を利用するメリット|委託すれば便利

ビジネス戦略上必要不可欠

会社員

人材育成にも用いられる

SFAやCRMは営業支援や顧客情報などを管理するシステムです。どちらもビジネス上の収益を拡大するために用いられます。従業員に与えられた時間は常に限られています。これを効率的に活用することでビジネスの成果を出すことができるようになります。SFAは営業支援のシステムです。営業活動を効率化する事や、営業部署での情報をデータ集約しチームとして営業活動ができるようにすることが求められます。一方CRMシステムは顧客情報システムです。顧客とコンタクトをとったすべての情報を記録として残し、管理することで次のマーケティング対象を見出したりすることが可能になります。どんなにすばらしいシステムを導入しても使いこなせなければ意味がありません。SFAもCRMも最終的な目的は同じです。クラウドサービスなど外部サーバーを利用して管理することで社外からでもアクセスすることができるようになります。最近ではこれらのシステムをもとにビジネス上での人材育成を行っています。SFAやCRMは企業の売上を支えるベースになっています。そのため、これらのシステムを使いこなし活用する事での実績の上げ方を人材育成に取り入れている会社が多くなっています。今後も時代はシステム化が進化します。そのため、SFAやCRMシステムを使って何をアウトプットするのかという基礎的な分析は新人のうちに身に着けておくことが最低限必要になるのです。システムがベースになる時代なのです。