男性と女性

ウェブ接客を利用するメリット|委託すれば便利

営業ツールで効率化を実現

男女

業績アップにつなげたい

マーケティングオートメーションとは見込み客の獲得を行い担当営業に引き渡すまでの業務をツールを用いて管理して行うことを指します。元来であれば、マンパワーで繰り返していた業務や大量の複雑な処理を効率化して業績の向上を目指す仕組みをいいます。ほんの数年前まで、BtoB(企業間取引)の場面においても営業組織の情報収集力や組織力で新規顧客を獲得していくことがほとんどでしたが、最近ではBtoBの場面においてもデジタルマーケティングを取り入れることで商談発掘のプロセスを自動化し、コストの大幅な削減と売上拡充の双方を狙う動きが盛んです。実際にマーケティングオートメーションを採用した事例でも有効にシステムを利用すれば、業績の向上に直結していくことが分かっています。ハイスペックで拡張性の高いツールは使いこなせれば最大のパフォーマンスを発揮しますが、ツールの設定が想定より難しく使いこなせなくなる企業も多いです。ハイスペックなツールを導入した結果、メールの送信にしか使ってないなどのケースもあり、事例から学び取れることはハイスペック=優秀なマーケティングオートメーションツールとは断言できない点に注意が必要です。事例から判断するとマーケティングオートメーションツールを選ぶ際には、有名だからとか人気があるからといった理由で決めてしまうと後悔することもあり得ます。事例から失敗を避けるため、自社の営業形態や今後の見通し、課題をしっかり出し切り、その上で分析を重ねた上で一番有効に使え、活躍を見込める製品を選ぶ必要があります。